オンライン英会話の無料体験 オンライン英会話のお問い合わせ

15年の英語教育経験!エッセイライティング指導歴も。カナダ人Ieva先生

Live Englishオンライン英会話の受講生の皆様、こんにちは。

今日は新しい講師カナダ人Ieva先生のご紹介です!Ieva先生は日本に15年住み、英語教育を行って参りました。つい最近ラトビアのRigaに引っ越しをし、今は美しい都市Rigaから日本と繋がって英語を教えています。とてもフレンドリーで元気、そして教育経験豊富なIeva先生は、きっと初対面でも初対面のように感じず、楽しんで学習いただけると思います。ぜひインタビューをお読みください!

 

Live English : Ieva先生はラトビアのRiga(リガ)に現在住んでいるのですよね!Rigaはまるで絵本の世界にいるような、とても美しいところだと聞きました。これからのRigaでの生活で、どんな事を楽しみにしているのですか?

Ieva:そう、Rigaは本当に美しく、歴史ある街なんです。ありがとう!Rigaで楽しみにしている事は、ラトビアスタイルの伝統料理であるサワードウブレッド(小麦やライ麦の粉と水を混ぜてつくる生地に、乳酸菌と酵母を主体に複数の微生物を共培養させた伝統的なパン種)やビーツ料理、そしてラトビア産の食べ物やフレッシュフルーツです。

Live English : 先生のプロフィールページでみましたが、先生はベジタリアン料理やヨガ、サイクリングなどのスポーツが好きだったり、とても健康志向なのですね!

Ieva: 私、自然(ナチュラルメイド)の食べ物がだいすきなのです!だからラトビアの新しい食文化、特にベジタリアン、ビーガン料理を開拓するのをとても楽しみにしているんです!興味深いのは、ドイツ料理、ロシア料理、スキャンディナビア料理、ラトビア料理がとてもユニークに融合されているのです。ラトビアには美しい歴史的建造物がたくさんあったり、アウトドアアクティビティも沢山楽しめるので、楽しみな事が沢山です。早くサイクリングで街をゆっくり冒険したいです!

Live English : ラトビアの「絵本のよう」と言われる街並みをぜひみてみたいです!冒険にいかれたら写真みせてください。

Ieva: もちろんいいですよ!また皆さんに共有したいです!

Live English : 英語教育経歴がとても豊富なIeva先生は、IETLSやTOEFLなどの英語テストの為のワークショップを行ったり、エッセイのチェックもされていたのですよね。Live EnglishにもIETLSやTOEFLの練習をされている方が沢山います。特にライティングには難しさを感じてLive Englishにいらっしゃる方もとても多くて、例えばビジネスEmailやレポートを普段からよく書かれている方でも苦手意識があったりします。IELTS、TOEFLのライティングは何がどのように違うのでしょうか?

Ieva : そうですね。メールもレポーティングもエッセイも「情報をレポートし、独自の視点を伝える」という事は共通していますね。でも、エッセイはよりアカデミック(学術的な)内容であること、そして正確な根拠を引用する事が多いこと、そして正しく決まった方法で脚注や巻末注を使い書かなくてはいけません。ビジネスメールやレポートはわかりやすく、できるだけシンプルな言い回しで書く事がベストですが、一方でエッセイは、私たちのそのテーマへの理解を多少装飾された言葉でストーリーのように見せるものです。

Live English : なるほど、英語エッセイライティングの独自のルールも慣れない英語学習者にはとても難しいものですね。一番気をつけるべき事を一つあげるとしたら、どんな事でしょうか?

Ieva : エッセイライティングで気をつけるべき事は、そのエッセイの目的をしっかりと理解し、そのエッセイで推奨されている構成をできる限り忠実に守って書く事です。あなたのアイディアや伝えたい事を、認められた方法でオーガイナイスする事、これがとても大切です。

Live English : 先生ありがとうございます。先生からみて、日本人英語学習者の皆さんは、他の国の英語学習者と比べてどのように見えますか?

Ieva : 他の国の英語学習者と比べて、日本人学習者は「どのように自身を表現するか」、言葉のチョイスに非常に慎重です。できるだけ正確に表現したい気持ちが強く、また非常に優れたリスナー(聞き手)です!私はいつも新しい視点やアイディアを日本人の生徒様から学んでいます。だから日本を離れた今も日本人の皆さんの英語学習に貢献したい、と思っているんです。

Live English : 最後に、Live Englishの生徒様たちに何か伝えたい事はありますか?

Ieva : 私が一番生徒さんに伝えたい事は、「どのようなレッスンがしたいか」を伝える事に絶対に遠慮をしないでください、という事です。私はSuper Flexible (とっても柔軟)なので、緊急度の高いお仕事のための質問や、特定の練習、イメージなど、どんな事でもいつでも言ってください。喜んで、皆さんの一番理想とするレッスンにアジャストしていきます。

コメントする

CAPTCHA


無料体験レッスン ネイティブ講師のレベルチェックで
学習課題を明確にします

無料体験レッスン申込み