オンライン英会話の無料体験 オンライン英会話のお問い合わせ

海外MBA留学のメリット – 国内MBAと何が違うの?

Live Englishオンライン英会話受講生の皆様、またサイトを訪れて下さった皆様、こんにちは。

多様化の進むグローバル化の中で、国際舞台で活躍するグローバルリーダーの育成のため、社内留学制度をとっている企業も少なくありません。MBAには海外MBAと国内MBAとがありますが、双方にもちろん検討するべきメリットとデメリットがあります。国内MBAは、母語で学べるため言語に困らず深く知識を習得できる事、そして学費も海外MBAより安い事など、わかりやすいメリットがありますので、今回は海外MBAのメリットについてお話します。

海外MBAのメリット

国内MBAに比べて学費の高い海外MBAですが、海外MBAを選ばれる方も決して少なくありません。海外MBAを選ぶメリットはどんなものがあるでしょうか。

海外MBA留学授業イメージ

 

1.国際舞台で通用する高いコミュニケーション力

情報収集や事例のリサーチ、プレゼン、ネイティブレベルの中で繰り広げられるディスカッション、交渉力、アカデミックレポートなど。日本にいては中々身につかない実践的なビジネススキル、コミュニケーション力が習得できるのは大きなメリットです。もちろん現地で困らないように出発前から相当な英語力のボトムアップは必須になります。ですが、国内で学ぶのとは異なる大きなチャレンジの環境の中に自らを置いてビジネススキルを高め、海外の視点を学ぶ事ができます。

2.選りすぐりのビジネスプロフェッショナルと学ぶ

海外MBAプログラムでは世界中から選りすぐりの優秀なビジネスプロフェッショナルズが集まります。日本のMBAでは基本的には日本人との学びになります。欧米のMBAはまさに多国籍。異なる価値観や歴史的背景、文化習慣の違いの中で学ぶ事はダイバーシティへの適応力を格段に向上させるでしょう。プログラムの内容だけでなく、国内事例世界レベルの視点を学び、異なる価値観にダイレクトに触れることができるのは、海外MBAならではの体験です。海外インターンシップやプロジェクトに関わる機会もあるので、在学中の経験値は国内MBAと比べて大きな違いになるでしょう。

また、国内MBAではかなわない、卒業後の海外ネットワークを作ることができるのも、海外MBAを選ばれる方のポイントになっています。

3. 海外MBA保持という経歴

日本企業の場合は未だ年功序列制であることも多いため、経営ポジションにつくのにMBAが必須になる事はあまりありません。ですが、留学先、海外の現地企業、外資系企業で経営ポジションにつくにはMBAは必須とも言えます。その場合、国内MBAより海外MBAがやはり評価されます。やはり何を言っても、海外でMBAを取得したという経歴はブランドになります。

国内MBAより学費はかなり増しますが、特に外資系企業ではMBA取得後の収入上昇率も大きいため、費用対効果を考えメリットを感じる方が多いのです。

 

現地での学びをより大きなものにするため、英語力のボトムアップは必須です。
海外MBA留学を目指す方は、英語力はあればあるだけ良いので、Live Englishでもご留学出発1~2年前よりスピーキングスキル、ライティングスキルの向上のためご準備をされていらっしゃいますTOEFL、IELTSのスコアはクリアしたけれどスピーキング力に不安が残る方。入学準備は整っているけれど出発ギリギリまで英語力を高めておきたい方は、ぜひLive Englishへお越しください。

無料体験レッスン ネイティブ講師のレベルチェックで
学習課題を明確にします

無料体験レッスン申込み