無料体験レッスン お問い合わせ

【発音: 発音記号】ネイティブの英語に近づく大秘訣 パート1~

ネイティブのような英語を話したい!英語を学習しているのであれば少しでも近づきたいものですよね。
発音練習をしているのにどうもネイティブのように話せない… 英語学習者ならこのもどかしさを感じたことがあるはず。
ネイティブに近づくための発音練習の大秘訣をシリーズ化してご案内してまいります。
今回の記事では発音記号編と称して、一緒に確認していきましょう!

 

発音記号って何?

実は学校教育ではほとんど重要視されてこなかった部分で、改めて見てみると暗号みたいでなんじゃこりゃとなる見た目。
animalと調べた時にその文字の下に「ænəməl」と記載があるはず。
(他、think「θɪŋk」、learn「ləːn/」など)

日本語と英語の音の違い

アルファベットで書くと良く見えてくるのですが、日本語は1つ1つの文字に必ず母音「A/I/U/E/O」(もしくは”ん”)が入っている言語。それと反対に英語は、子音で終わる音、子音+子音の組み合わせが多い言語なんです。

英語は1音1音はっきりと発音され、英語はその中間の音(=日本語にはない音)のような歯と唇の隙間から出す音やごもる音がたくさん存在します。
分かりやすく言うと、英語に振り仮名をふって発音を書いてもその発音では伝わらないということ。

(例:animalを言いたい時、振り仮名をふるとしたらアニマルもしくはエニマルと書けるかもしれないのですが実際はその中間の音で、正確な音で振り仮名はふれない。)

英語の音を認識することがネイティブに近い音を発する秘訣

上記のことについて分かると、英語に近い日本の音を探すのは遠回り、つまりは英語の音を正しくそのまま認識することがとても大事なことに気づきますよね。
これが出来るようになると、ネイティブに近い発音になるのはもちろん、リスニングの力も上がります。

日本語の音で勉強し、受け身の学習をしてきた私たち日本人が「英語が聞こえない、話せない」とつまづくのはここが大きく関係しています。
英語の音を正しく認識して発音していきましょう。

日本人が話す英語、ネイティブにはどう聞こえているの?


それじゃあ日本人が話す英語ってネイティブにはどんな風に聞こえてるの?という疑問。
留学時代にネイティブに聞いてみたのですが、1音1音が切り離されているようなスタッカートのような音とのこと。

その1音1音が切り離されているような部分を、英語にはあって日本語にない中間の音を発することで滑らかなネイティブに近い英語の発音が出来るようになります。

大人になってからでもネイティブの発音に近づくことは出来るの?


ご安心下さい。出来ます。(預言者のような言い方ですが 笑)
ただ集中特訓をする必要はあります。英語を沢山聞いていれば自然に話せる…とはならないのが悔しいところ。
コツを抑えて特訓することで今の英語力から一気に伸ばすことが出来ます。

発音記号は絶対!

英語の発音練習でまず基本となるところ。発音記号を見て発音の練習をしていますか?
これ見落とされがちなのですが、ネイティブの発音に近づく為にはとっても需要なポイント。
発音記号が正しく発音出来るようになることが先ずは最初の一歩です。

おすすめのサイト


発音練習に魅力的なサイトを見つめたのでこちらを共有させていただきます。
発音記号の実際の音を1つ1つ確認出来るだけでは無くて、例文も含めて見やすい表記になっています。

http://basic.linkage-club.com/hatuonkigo
参照:ALL IN ONE Basic

練習のコツ

発音記号を見て音をまねながら何回も何回も発音すること!出来てきたかな?と思ったら携帯で自分の声を録音して聞いてみる。これとても大事です。

正直最初はショックを受けるかもしれません。自分では「お、発音出来てきたかな」と思って録音してみても、聞き比べてみるとまだ日本語発音…..
でもここは挫けぬ心を持つこと!めげずに何回も発音しているとネイティブの音に近づいていきます。

まとめ
発音練習、時間を見つけてはブツブツと音を発してみて下さい。練習をしていると正直、下の付け根あたりが筋肉痛になってきます(笑)
普段日本語で使っていない口の筋肉を使っている証拠。
発音記号を正しく発音出来るようになったら次は文をなめらかにつなげていく練習をしますよ!

続きはまた次回のブログで!お楽しみに。

無料体験レッスン ネイティブ講師のレベルチェックで
学習課題を明確にします

無料体験レッスン申込み