無料体験レッスン お問い合わせ

英会話コミュニケーションで表現力を磨く事の重要性

Live Englishの受講生が感じている「英語学習における課題点」のトップ3には「表現力」が入ります。中級レベルを超えてくると、シンプルな言い方であれば業務上で伝わらなくて困るということはほとんど無くなるのですが、それでは不十分に感じている方が多いです。

ビジネスミーティングを行う複数のビジネスマン

YesなのかNoなのか?

私も海外在住時に表現力が拙くて、もどかしい思いをした事がたくさんです。

海外では Yes か Noか、白か黒かをはっきりさせる文化が強い、日本の様に曖昧に言葉を濁したり、回りくどい言い方をしない、というイメージはきっと皆さん持っていますよね。

私もアメリカで生活していた時に、相手に失礼にならないように、良かれと思って曖昧に返事をすると「結局どっちなの?良いのか悪いのかはっきりしてよ」と言われてしまったことがあります。
常に自分の意見を求められますし、必ずYesかNoかはっきり自分の意思表示をするように心がけていました。

日本はその時の会話の雰囲気やニュアンスでYesなのかNoなのか、聞き手がニュアンスを汲み取り、場の空気を読むということをより求められる文化でもあるのだなと感じました。

YesかNoかだけの単純なものではない?

しかし、ネイティブスピーカーでも、YesかNoかとにかくハッキリ伝えればいいという単純なものでもないのです。ハッキリ意思表示をすることはもちろん大切なのですが、英語にもソフトな表現や言い方が当たり前のように存在します。

私は、特にメールでのコミュニケーションの時には、良いことは良い、ダメなものはダメ、と誤解が生まれないようにと明確にコミュニケーションをとろうとしていたのですが、ある時「時々思うのだけれど、あなたの言い方はきつすぎる時がある。あちらにも事情があるのだから、そういう言い方は良くない」と言われてしまったのです!

もう本当にびっくりというかショックでした。

ハッキリ物事を伝えようとしていただけで、もちろん相手を不快にしたいとは1mmほども思っていませんでしたから。そんな風に言われても、どこをどうしたらしっかり意図が伝わり、且つ信頼関係を壊さずにコミュニケーションがとれるのか、日本人の私にはわからず、困惑したことを今も覚えています。

簡単な例でいうと、「このタスク、受けてもらえるかしら?」というリクエストに対して、

No, sorry. I’m too busy now. I don’t have time for that.

というようにNoと強く言うのではなく、

Unfortunately, I’ve got some urgent tasks.
I’d love to help you, but my schedule is a little bit tight right now.

というように「お手伝いできることならしたいのだけど、、、」というポジティブな、相手を気遣うような姿勢を表現することが大切です。人と人とのコミュニケーションですからやはり「できないという事が伝わればいい」というものではないのですよね。

表現のチョイス一つで、貴方の人柄の印象を変えてしまったり、私のようにその後のビジネスに影響を与えてしまったりという事もあるかもしれません。

メールでのコミュニケーションは相手のリアクションや表情が見えませんから、特に注意が必要ですね。

表現力を磨くということは、ただイディオムを暗記すれば良いということではないので、本当にチャレンジングです。時間がかかります。その場の会話の流れと相手その距離感、相手に与える言葉のニュアンスを正しく理解して、適切な言い方を選択して使う上級レベルのスキルが必要です。

英語力の上達はものさしで測れるものではないので、自分では上達を感じづらくモチベーションを保つのも簡単ではありませんが、根気よく学習を続けていきましょう。

ネイティブ講師たちの使う言葉や言い方を注意深くきいて、積極的に使ってみることを繰り返すことで、ゆっくりでも必ず増えていきます。

前回の記事を読む

無料体験レッスン ネイティブ講師のレベルチェックで
学習課題を明確にします

無料体験レッスン申込み