Menu
メールでお問い合わせsupport@live-english.jp
無料体験レッスン

H1: 正しいイントネーションと発音を学ぶ、Live English

Official Blog
Live English公式ブログ
おすすめ講師の紹介や、スクール情報、
生徒様の体験談などをご紹介
ホーム > Live English公式ブログ > 英会話上達に欠かせない、英語のリズムと音節について
2019年01月31日
syllable

スピーキングで話をする時、どうしても文章を組み立てる事、単語を探す事に意識が偏いがちですよね。

でも英語という言語においてイントネーションやリズムを意識して学習をする事はとても大切です。

イントネーションやリズム、ストレスは簡単に言えば音楽でいうメロディーのようなもの。

強調したい点を明確にしたり、一瞬のポーズ(間の取り方)等で文の区切りを表したり、雰囲気や感情を表したりします。

英語のリズムは難しい、うまくリスニングが出来ない、音が取れないとおっしゃる方、沢山いらっしゃいますが、そもそも何故難しいのでしょうか?

それは、日本語の音は「拍数」で捉えることが多いのに対し、英語は「音節」で捉える言語だからです。

はて?

って感じですよね。

日本語はは「仮名1文字 =1拍・同じ長さ」というルールがあります。

例えば、りんごならば、り・ん・ごで3泊。
こんにちは ならば、こ・ん・に・ち・はで5泊。

「こんにちは」を「こんにーちーは」など、一つの音が長くなったり短くなったりしないですよね。

俳句も5-7-5の計17拍でというルールがあります。

さらさらと 竹に音あり 夜の雪
さ・ら・さ・ら・と  た・け・に・お・と・あ・り よ・る・の・ゆ・き

音だけでいうと、
タ・タ・タ・タ・タ タ・タ・タ・タ・タ・タ・タ タ・タ・タ・タ・タ
となっています。

では英語という言語でよく聞く音節とは?というと、

「単語を「発音」の観点で分割した場合の最小単位の節」
言葉で言うと非常に難しいのですが、簡単にいうと音のかたまりの事です。

例えば簡単な単語で見てみましょう。

Apple という単語。日本語発音だと「あっぷる」は4泊でカウントしますが

英語では、apple (ap・ple)の2音節

英語は拍ではなく、音節で捉える言語なのです。

同じように、Orange という単語。日本語では「おれんじ」で4泊ですが、 英語では「or・ange」と2音節で捉えます。

ネイティブスピーカーには、この音節が1つの音だと感じる単位なのです

この音の捉え方が日本語とまったく異なるため、難しいのです。

そこに更に、アクセントや音の強弱、トーンが入るとなると、ごくごく簡単な文章でも実はとても難しいものなんですね。

同じように、この音のかたまりが違うので、音がうまくキャッチできず、リスニングで音が取れないということがあるのです。

これは言語間の感覚のズレ、常識の違いのようなものなので、頭で理解していても習得するのは簡単ではありません。
長い学習期間を経て少しずつ感覚を掴んでいきましょう。

いきなり文章で練習するのは難しいのですが、新しい単語を学習したときには音節も一緒にチェックしてみてくださいね。

前回の記事を読む

戻る

クオリティの違いを実感ください
無料体験レッスン
あなたのレベルに最適なレッスンを。
レベルチェックと学習プランニング付


Copyright © 2011-2019 Live English, Inc. All rights reserved.
選ばれる5つの理由 一流の欧米ネイティブ講師 選べる4つのコース Live Englishオンライン英会話 会社概要 よくある質問 利用規約 特商法に基づく表示 My Liveログイン Live Englishオンライン英会話 公式ブログ Live English公式Facebook
Copyright © 2011-2019 Live English, Inc.